社会福祉法人
羽村市社会福祉協議会
〒205-0002
東京都羽村市栄町2-18-1
TEL.042-554-0304
FAX.042-555-7445
社会福祉協議会は、市民の皆さんの自主的な福祉活動を支援して、誰もが安心して暮らせる地域づくりを推進していく中核的役割を担っています。この程、今後5年間で取り組む目標やその取り組みの方向、具体的な実施事業をまとめた第四羽村社協地域福祉活動計画を策定しました。平成26年度からこの活動計画を指針として、市民の皆さんもちろんのこと、町内会・自治会、小地域ネットワーク活動団体、民生委員・児童委員、各種ボランティア団体などと協力し合うとともに、行政機関や保健・福祉・医療などの専門機関と相互に連携し、支え合いのまちづくりを推進していきます。地域の皆さんのご協力をお願いします。
 

募金

   
募金事業
 

赤い羽根共同募金

   
「赤い羽根共同募金」は、共同募金の愛称です。
この運動は、毎年、10月1日から12月31日までの期間、全国一斉に行われますが、東京都共同募金会では、10月に集中して募金を行っています。
集まった募金は、地域の福祉の充実のために、主に、市町村社会福祉協議会が実施する在宅福祉サービスや、ボランティア育成事業、児童の事故防止、青少年の健全育成などに生かされます。

共同募金のシンボル=「赤い羽根」
赤い羽根を使うようになったのは、第2回目の運動からです。1948年頃、アメリカでも、水鳥の羽根を赤く染めて使っていました。それにヒントを得て、日本では、不要になった鶏の羽根を使うようになりました。「赤い羽根」は、寄付をしたことを表す「共同募金」のシンボルとして幅広く使われています。
社会福祉法人 中央共同募金会
   
東京都共同募金会羽村地区配分推せん委員会(社会福祉法人羽村市社会福祉協議会)では、赤い羽根共同募金による地域配分(B配分)の申請を受け付けています。配分を希望する方は、必ず配分申請前に相談くださるようお願いします。
   申請額:1施設・団体 10~30万円
   対象事業:備品整備(日常的に使用するものとし、消耗品、事務管理用備品は対象外)
             小破修理(賃貸物件に係るものは対象外)

             利用者主体事業(宿泊訓練、交流事業など)
             (施設・団体維持のための運営費は対象外)
   提出期限:平成29年8月31日(木)
※配分申請要領、配分要綱等詳しくは東京都共同募金会ホームページをご覧ください。
東京都共同募金会
 

歳末たすけあい運動募金

 

「歳末たすけあい募金」は、共同募金の一環として毎年12月中に行う募金運動です。
歳末たすけあい運動は当初、生活保護を必要とする世帯や施設入所者への見舞金として配分するための募金でした。
その後、住み慣れた地域で暮らしていくために必要となるさまざまな支え合い活動が展開されるようになり、それらの活動への募金配分が行われるようになってきました。
 

 

ふれあい募金 

市内の事業所、商店などに「ふれあい募金箱」を設置していただき、多くの方に買い物等により生じた小銭による募金をお願いしています。毎年11月に開催される羽村市産業祭で募金をお願いするとともに、2月をふれあい募金の強化月間とし、募金の安定的な確保に努めています。

 

qrcode.png
http://www.hamurashakyo.jp/
モバイルサイトにアクセス!
009607
<<社会福祉法人羽村市社会福祉協議会>> 〒205-0002 東京都羽村市栄町2-18-1 TEL:042-554-0304 FAX:042-555-7445